大切な人への想いを綴って

先日、生徒さんに一冊の本を見せていただきました。
それがこちらの一冊です。

写真のように、自分の想いを綴った詩やお子さん・お孫さんに向けた手紙が書かれています。
筆者の方がノートに綴っていたものを、お孫さんたちがこの1冊に編纂されたそうです。また、巻末にはあとがきとして、お孫さんの想いも綴られている素敵な1冊です。

当校にも、このように自分の想いを綴る『自分史』という講座があります。

自分の歴史を書くものだけではなく、自由に自分の好きなことをまとめて一冊にする講座です。
「読む人がいないから…」「自分には書けるかわからないから…」と遠慮される方も多いのですが、日頃感じる自分の想いを綴ったり、誰かへ向けたお手紙なら書きやすいのではないでしょうか。写真の方は手書きの文章でしたが、当校ではパソコンを使って文字や写真を挿入したものを作ることができますよ。
自分に向けて、大切な誰かに向けて、あなたの想いを一冊の本にしてみませんか?

また、「長く文章が書けるかな…」と不安な方向けに、『1ページの自分史』というイベントを行っています。

1枚の写真の思い出を他の方にお話しし、思い出したエピソードなどを簡単に1ページにまとめてみよう、というものです。
このイベントは日付の決まったものではなく、
ご希望の方が2名以上いらっしゃる際に、ご都合に合わせて行うことができます。

ご興味のある方はこっそりでも大丈夫ですので、スタッフにお知らせください♪

関連記事

  1. 「1枚の写真で綴る1ページの自分史」ワークショップの冊子が出ました

  2. 「電子印鑑」で書類をさらに効率化!

  3. 「ワードでお絵かき」コンテスト開催のお知らせ

  4. 自分自身を見つめる「自分史」「ライフノート」講座のご紹介

  5. カルチャーレストラン新聞広告出しました!

  6. 修了問題にチャレンジしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。